home

0859-32-1757
院長紹介医院案内
初診の方へアクセス

きむら小児科 アレルギー科 小児科 米子市

アレルギーについて

食物アレルギー気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
Q&A

鳥取県の感染症情報

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  アレルギーについて

アレルギーとは

アレルギーのメカニズム

細菌やウイルスなどの病原体の侵入から体を守るため、人間の体は免疫という働きを持っています。この免疫が本来人にとって無害なはずの食物、花粉などに過剰に反応して、体にとって好ましくない症状を引き起こすのがアレルギー反応です。アレルギー反応が起こるためには、異物(抗原)と体内で結合する抗体(IgE)の産生が必要です。抗体を作りやすい人をアトピー体質のある人といいます。

抗原+抗体アレルギー反応

アレルギーを起こす抗原 - 2~3歳までは食物、その後は、家塵、ダニ、空中のカビ、花粉、動物の毛やフケ等。

アレルギーによって起こる病気 - 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎(花粉症)、蕁麻疹等。これらの病気の発症には、アトピー素因(抗体をつくりやすくアレルギーの病気になりやすい遺伝的な家族的な素質)との関係がとても強い事がわかっています。

増えているアレルギーの病気

児童生徒全体のアレルギー疾患有病率

ここ20年位の間に、アレルギーによって起こる病気は確実に増えています。アレルギー症状を訴えている0~4歳の子供達が、都会では50%、田舎では40%もいる事が厚生省の全国調査から報告されています。

平成4年度に小学生を対象に私達が実施した調査でも、地元米子市で41.8%、隠岐西の島で36.7%もの子供達が、アレルギー症状を訴えていたという結果でした。アレルギーの病気の発症には、子供の住む環境がとても深い関係をもつ事が解ります。

小児のアレルギーで起こる病気の特色

アレルギーマーチ

アトピー素因をもつ子供は、成長過程の中で次々と異なった抗原により、様々なアレルギーの病気を起こします。生後間もなくみられる顔面の湿疹(乳児湿疹)から、痒みや乾燥肌を伴うアトピー性皮膚炎を発症し、生後5~6カ月頃よりゼロゼロが始まり、やがてゼイゼイ、ヒューヒューを伴う呼吸困難を訴える気管支喘息が起こってきます。

さらに年長になると、花粉症などアレルギー性鼻炎、結膜炎を起こすようになります。このように、皮膚、気管支、鼻、目の順序でアレルギー症状が起こってくるこの病気の流れをアレルギーマーチと呼び、現在、この流れを阻止する努力が乳児期早期から行われています。

pagetop