home

0859-32-1757
院長紹介医院案内
初診の方へアクセス

きむら小児科 アレルギー科 小児科 米子市

食物アレルギー気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
Q&A

鳥取県の感染症情報

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  ダニ抗原による舌下免疫療法

ダニ抗原による舌下免疫療法

 年中ダニアレルギーによる鼻症状(鼻閉、くしゃみ、鼻汁、そして、
目がかゆい)で悩む患者様に対して、2015年に保険適応でダニ抗原
による舌下免疫療法の治療が可能になりました。また、2018年2月
には12歳未満の小児に対しても保険適応による治療が認められました。
当院でも治療が可能になりましたので、ご希望の方はご相談ください。

1)舌下免疫療法とは
  アレルギー性鼻炎、結膜炎の原因である抗原(家ダニ、スギ)を
    少量から舌下に投与することで、体を抗原(家ダニ、スギ)に
    慣らし、症状を和らげ、長期にわたり症状を抑える可能性があり、
    一般的な薬物療法の減量中止が可能になり、根本的な体質改善
    期待できる治療法です。

2)治療スケジュールについて
  初回投与はダニ舌下錠(3300JAU)を当院外来で舌下で溶解
    内服し、副反応チェックを受ける。2日目より7日目まで自宅
    内服観察する。8日目に当院受診し、特に問題なければ、
    外来にてダニ舌下錠(10000JAU)を増量舌下内服し、副反応
    チェックする。以後は副反応に注意しながら定期的に外来を
    受診し、長期 に内服を続け症状を改善し治癒する。

3)副反応について
  本人にとって敏感に反応する抗原(家ダニ)を少量から投与する
     ので、時には副反応が出る場合があります。副反応の出現は、
    ほとんど  服用後30分、そして、舌下錠服用開始初期に起こる場合が
    多く、注意が必要です。

  主な副反応
  *口の中の浮腫、腫れ、かゆみ、不快感、異常感
  *唇の腫れ
  *のどの刺激感、不快感
  *耳のかゆみ
  ほとんど報告はないが、起こる可能性のある副反応
  *ショック、アナフィラキシー
  危険性のある症状がある場合は、直ちに医療機関を受診する
  必要があります。
  *これら副反応の対策治療等については、個別に指導致します。

   家ダニ、重症のスギ花粉症の舌下免疫療法につては、ご遠慮
   なくご相談ください。 





 
pagetop